カーテンの採寸方法 

カーテンの採寸にあたっては、製作する幅寸法(W)、高さ寸法(H)いずれの場合でも、使用するカーテンレールの両端に付いているキャップストップ(レイルカバー)の穴を基準用いてに採寸します。採寸には市販の金属製メジャーを使用して慎重に行ってください(特に高さ寸法に関してはミリ単位での厳密な採寸が必要です)。

カーテン(レース)の製作幅を決めるとき
カーテンの縫製幅は、カーテンレールの両端に付いているキャップストップ(レイルカバー)の穴の距離を基準にします。発注の際はキャップストップ間の距離寸法に4〜5%のヒダのゆとり寸法を加算して縫製幅を「cm単位」で算出します。
縫製幅サイズは、「片開き」の場合は特に制約がありませんが、「両開き」の場合は基本的に「片開き」サイズの倍数である必要があります。その場合の発注サイズの下一桁は偶数サイズに設定してください。
カーテン(レース)の製作高(丈)を決めるとき
カーテンの縫製高(丈)は、カーテンレールの両端に付いているキャップストップ(レイルカバー)の穴(カン下)から床までの寸法を基準にします。そして掃出窓の場合には、カーテンの仕上がり縫製高(丈)が、床にすれない程度(床上マイナス1〜2cm仕上がり)に納まるようにお好みのゆとり寸法分を控除して縫製高(丈)を「cm単位」で算出します。また、腰窓(途中窓)の場合は、カーテンレールのランナー(カン下)から窓枠下の150mm前後を目安として寸法します。
一覧に戻る
〒770-0873 徳島市東沖洲2丁目7番地(マリンピア流通団地)
営業時間:午前10時〜午後7時 定休日:火・水曜日(祝日営業)
TEL:(088)664-6611 FAX:(088)664-6616